USCPAって実際どうなの?難易度・転職事情・年収のリアルな事情

USCPA キャリア

USCPAって実際どうなの?難易度・転職事情・年収のリアルな事情

 

「会計士」という資格の中には、いわゆる日本における会計士資格の「公認会計士」と
米国における会計士資格である「米国公認会計士(USCPA)」資格があることはご存知でしょうか?

 

業界では結構メジャーな資格ではあるものの、これからファイナンス・アカウンティング業界を目指される方にとって、USCPAは非常に謎が多い資格なのではないか、と思います。

 

本記事では
・USCPAとはどんな資格なのか?
・難易度はどの程度か?
・どのようなキャリアが目指せるか?
・年収などの待遇はどの程度なのか?
という点について、身の回りのリアルな情報をベースにご紹介します。

 

・USCPAとはどんな資格なのか?

一言で言うと、アメリカの公認会計士資格です。

日本の公認会計士(JCPA)との違いは、ざっくり以下の通りです。

 

出願要件

JCPA:日本全国で統一の出願要件が定められており、出願資格の制限がない(金融庁HP)
USCPA:アメリカ各州ごとに出願の要件が違い、出願には大学等の単位取得が必要

USCPAは、アメリカ各州ごとに出願要件が違うため
日本人が出願しやすい州とそうでない州が存在します。

ちなみに、単位が足りない場合は、単位取得のために予備校のような所に通って
不足単位を補ったうえで出願することになります。

 

受験の内容

JCPA:マークシート年二回実施の一次試験、記述式年一回実施の二次試験の二段階制度
USCPA:テストセンターで年四回実施、科目ごとに受験可能なPC試験(難易度は各州で統一)

 

USCPAは全4科目ですが、年に複数回、科目ごとに受験が可能です。
基本的に6科目一発勝負のJCPAと違って、自分のペースで合格を目指すことができます。
ただし、科目ごとの合格の有効期限が18か月と定められているので
その間に全科目合格しないと、当該科目の受験をやり直すことになります。

もちろん、英語ベースの試験です。

 

資格の効果

JCPA:公認会計士登録をすれば、日本国内で独占業務である監査が行える
USCPA:公認会計士登録をすれば、出願した各州で監査が行える(州の移動は可能)

 

USCPAでは、日本での監査業務を行うことができません。
ただし、ここで言う監査業務とは「監査報告書にサインをすること」なので
監査チームの中で日本の公認会計士を含むメンバーの一人になって手続を行う「監査補助」は
USCPAでも問題なく可能です。

 

詳細については、各予備校のページをご覧ください。
アビタス
TAC

 

難易度

結論から言うと簿記2級以上、簿記1級未満の難易度と言えます。
英語力の目安としてはTOEIC800点程度あれば十分でしょう。
→TOEIC800点の取得方法はこちらの記事を参照

 

例題を載せたいところでしたが、色々と工夫が必要なので一旦保留とさせてください…

 

実績ベースで言うと、私の身の回りで見たUSCPA受験者は10人を超えますが
全員働きながら、学習期間1~2年程度で挫折することなく合格しました。

実務経験もほとんどなく、会計知識が少ない方もこのサンプルには複数人含まれています。

 

JCPAと比べて、明確に合格を目指しやすい資格であることは間違いありません。

 

キャリアと年収

USCPA単体で投資銀行や経理マネージャーの採用に有利になることはありません。
しかし、USCPAの強みは「実務未経験でも会計系キャリアにチェンジできる」ことです。

 

具体的には以下のとおりです。
・Big4監査法人のIFRS系チームにスタッフ(年収400万~600万程度)で採用が望める
・コンサルティングファームの会計系チームにスタッフ(年収600万~程度)で採用可能性あり

 

実務経験者になると、もはやUSCPAは「あったら尚良し」な資格になります。
本記事執筆(2018年12月)時点で、ビズリーチ掲載の「管理職種」求人を上から10件確認しましたが
・会計士資格を応募要件に記載している求人:4件
・うち、JCPAを必須要件として記載:2件
・うち、JCPAまたはUSCPAを要件として記載:2件

でした。すべて年収800万以上の求人です。

 

経験者求人の中では、USCPAはそれ単体では大きな魅力にはなりませんが
JCPAと十分対抗できるレベルの要件として見られていると言っても差し支えないでしょう。

 

学習にかかる費用

謎に包まれているのが、学習にかかる費用です。

詳細は割愛しますが、試験合格までで60万~70万円が周囲の相場です。

 

前述した、単位の取得にかかる費用が含まれているか否か、受験を日本で行うか否か等によって
合計金額は変わってきます。

コストを少しでも下げたい場合は、予備校の受講料やテキスト料金を格安なものに選択して下げるのが現実的です。

お金に余裕があれば、面倒な単位取得や手続き面などもフルサポートしてくれるアビタスを選ぶのが良いと思います。
私の周りの7割以上はアビタスを利用して合格しています。

一応、リンクを置いておきますね。

 

USCPAのまとめ

USCPAは、未経験から会計系職種へキャリアチェンジを目指すにはちょうど良い資格と言えます。
試験制度が多少複雑なので、予備校が必須となりますが、JCPAと違い挫折率が非常に低いため
若手社会人が働きながら受験するのには向いています。

インターネットだけでは得られる情報にどうしても制限があるので、まずは予備校に資料請求したり

無料のガイダンスを受けてみたりして、疑問や不明点を解消していくのがオススメです。

 

USCPAとは何なのか?ということについて、ざっくりご紹介しました。
本記事は、今後も必要に応じて情報を追記していきますね。

他にお知りになりたい点があればご連絡ください。

コメント